Welcome to my blog

華乙女日和

乙女系シチュCD等の個人的感想や雑記。ネタバレ等含みますのでご注意ください(*・ω・)ノ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「魔法少年ハァトマジック 01Kitten Dagda 泣き虫の猫に、キスをしよう」 感想

魔法少年

ドラマCD 魔法少年ハァトマジック~01 Kitten Dagda 泣き虫の猫に、キスをしよう~

キトゥン・ダグダ CV.鈴木 裕斗

1.Ctybaby Kitten
2.Kissはどこに?
3.猫と紅茶の魔法
4.おやすみなさい
5.魔法なんていらない
6.My prince Kitten

☆STORY

その年、ダグダ一族の治める魔法王国・トータティスは、
クラヤミの侵略を受けた。王様は魔法兵を集め、
被害を最小限におさえたものの、それでも王国の半分は
クラヤミに侵されてしまった。
光とぬくもりが奪われたクラヤミの世界。
王様はトータティスを元の平和な世界に戻すため、
王子たちを集め特別任務を言い渡した。
クラヤミを打ち消す、
愛の結晶・フィリアを集めること。








魔法少年・・・・・最初はタイトルにちょっと引きましたw
だって魔法少年ですよ!
もうちょっとタイトルが何とかならなかったのかと・・・
そしてストーリーを読んでみて更に引いたww
魔法・・・王様・・・愛の結晶フィリア・・・
おとぎ話?
ファンタジーは好きだけど・・・シナリオ薄そうだなぁ
でもCVが裕斗くんだし・・・
そして迷いながらCDに付いてるオビを読んでみると・・・

「最高に気持ちいいキス、しようぜ」




((((* ゚Д゚))) !!!!!!!!!!!



ってことで速攻購入を決めましたwww



でも買って正解!(*´艸`*)




この魔法少年キトゥンくんがとにかく可愛い!!
上から目線な物言いがまた可愛い!!
魔法で子猫の姿になった時の鳴き声もみんな可愛い!!

でもやっぱり男!
可愛くてもやることはしっかりやります!やってくれちゃいます!!


冒頭からいきなり色気たっぷりのキス!
再生トラックを間違えたのかと思いましたw


愛の結晶フィリアはキスをしないと集まらない


ってことで・・・


これでもか!
ってくらい色っぽくて濃厚なキスを沢山してくれます。
全トラックあらゆる所でチュッチュしてきますw

最初は主人公の気持ちなんてお構いなしの強引なキスだけど
話が進むにつれて
主人公の優しさに気付き惹かれていきます。
そしてフィリアを集める為だけのキスは
何時の間にか相手を思いやる甘いキスに変わり
主人公が好きで好きでたまらなくなっちゃうんです。
好きって思いがキスに表れててウットリ(人´Д`*).+゚.

でも好きになってしまった途端フィリアはあっと言う間に集まってしまいます。

別れの時です・・・。

集まったフィリアを持ち帰って王国を救うのがキトゥンくんの任務だから

さよならの言葉を残して行ってしまいます。

王国の為とはいえ・・・別れは辛い(´;ω;`)
初めての恋だと気付いたキトゥンくんも悲しさのあまり涙します。







でもキトゥンくんは戻ってきてくれました!

無事に王国を救い、これからは大好きな女の子の傍でずっと一緒にいる為に。

ここでキトゥンくんが自分のことを好きか問います

もちろん好き!大好き!!

それを聞いて喜ぶ魔法少年の嬉しそうな声
良かったねキトゥンくん(´▽`)

そして愛する気持ちは抱き締める度
キスをする度に溢れるフィリアに包まれていくのでした。


めでたしめでたし+.(o´∀`o).+



予測出来る展開だったけど
やっぱりハッピーエンドは良いですよね~
心がじんわりと温まります(*´∇`*)


魔法ものなだけあってSEは可愛らしかったり・・・
魔法の呪文が猫の名前だったり・・・
ちょっと突っ込みを入れたい部分もありましたがw
自然な流れで物語に引き込まれ最後まで楽しめました。

そして裕斗くんの演技が可愛くて愛が溢れてて
リップ音や吐息、囁きも素敵でした!

買って良かった!聴いて良かった!

   






☆★ omake ★☆

デートシーンがあるんですけど・・・
感動しまくって楽しくなっちゃって
キャッキャッ騒いじゃってるキトゥンくん最高に可愛らしいです(>▽<)
思わず笑顔になっちゃいますよ~!






よろしくお願いします!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

- 0 Comments

Add your comment

ルミガン 口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。